「遊びの宝島2018」体協で申込受付中!!!

 

 第15回全国一斉遊びの日の今年のテーマは「~楽しむ、つながる、未来を創る!スポーツ・レクリエーションで創る共生社会~」。2年後の2020年には、東京オリンピック・パラリンピック。日本のスポーツ、文化の楽しさ、可能性が世界中に発信されます。「あそび」はスポーツと文化の出発点みんなで楽しさ、感動、可能性を自然豊な、遊び心が満たされる足利の「遊びの宝島」で体験しよう!

 足利市レクリエーション協会では、「遊びの宝島2018」を今年も名草で開催します。毎年好評のクックコーナーや懐かしい遊びなど、皆さんにとっての宝島を発見し、春の一日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

日時 平成30年5月20日(日)雨天決行  ●受付 9:00~9:30 名草公民館

●受付が済み次第 ⇒名草セミナーハウスに向け、宝探しをしながらミニ散策

●「こんにちは」のつどい 10:00~10:15 名草セミナーハウス

●遊びの宝島体験 10:20~13:00(①クックコーナー(原始パン、サモア(マシュマロサンド)※材料費各100円 ②チャレンジコーナー(スポーツチャンバラ、けん玉、輪投げ、ソーラークッカーの実演等) ③クラフト(風車づくり、牛乳パック工作等) ④うたとお話の広場(みんなのうた フォークソング、紙芝居、読み聞かせ等)

※焼きそばなどの出店(有料)もあります。

★参加料 おひとり300円(当日会場にてお支払い願います)・未就学児は無料

     (クックコーナーは別途材料費1つ100円が必要) 

★定員 300名

★申込み 事前に電話またはFAXで足利市体育協会(℡40-4321 月~金曜日 AM9~PM5、

 Fax40-3322 24時間受付)

遊びの宝島2018チラシ