第59回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会が開催されました

第59回県郡市対抗駅伝に一斉スタートする31名の女子中学生ランナー(栃木県庁前)

 第59回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会「夢ふる とちぎ路駅伝」(主催:栃木陸上競技協会など)が1月28日(日)に開催され、県内各郡市町を代表する選手が郷土の誇りを背負い、一本の襷をつないでいきました。栃木県庁から栃木市総合運動公園陸上競技場を往復する10区間60.2キロを、31チームの310名のランナーが素晴らしい走りをみせてくれました。

  沿道では大勢の観客が見守る中、力走する選手に大きな歓声を送っていました。総合優勝は、那須塩原Aが大会新記録となる3時間04分0秒で、2年連続、9度目の総合優勝を飾りました。

  足利Aチームは、往路5位・復路13位、総合順位8位(3時間13分26秒)で入賞し、入賞は10年連続となりました。足利Bチームは健闘したものの、総合21位(3時間20分46秒)となりました。なお、足利Aチーム10区の小暮選手が区間賞に僅か3秒差の2位と奮闘しました。総合2位から7位の入賞チームは、順に大田原市A、宇都宮市A、日光市A、栃木市、那須塩原市B、真岡市Aでした。

 大会参加にあたり、各所属学校関係者・競技関係者等の皆様には、大変なご尽力・ご協力をいただきました。深く感謝いたします。

※足利チーム選手の力走シーン(一部の区間)を掲載しました。

3区・足利A(壬生町)

3区・足利B(壬生町)

4区・足利A(壬生町)

4区・足利B(壬生町)

往路ゴール前(栃木市)

6区・足利A(栃木市)

6区・足利B(栃木市)

7区・足利A(壬生町)

7区・足利B(壬生町)

8区・足利A(壬生町)

8区・足利B(壬生町)