「夢ふるとちぎ路駅伝」が28日に開催されます。

 今年に入り、毎週大きな駅伝大会が続き、テレビ中継がされています。

 1月14日(日)には、第36回全国都道府県対抗女子駅伝が京都市で開催。9区間・42.195kmを中・高・大学生・社会人ランナーが襷渡しを行い、白鷗足利高校の選手2名も好走しましたが、栃木県チームは41位の結果となりました。

 翌週21日(日)、第23回全国都道府県対抗男子駅伝が広島市において7区間・48kmで実施され、白鷗足利の選手(1名)も力走しましたが、本県チームは20位となりました。

 来る28日(日)は、第59回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会(主催:栃木陸上競技協会、参加郡市町教育委員会・体育協会など)が開催されます。中学生から社会人までのランナーが各区間(宇都宮市⇔栃木市往復、全10区間・総距離60.02km)を襷でつなぎます。往路・午前10時宇都宮市、復路午後0時30分栃木市スタートとなります。全31チーム、310人が参加しますが、足利市は2年ぶりに2チームの出場となります。本市チームは前回大会第5位(全30チーム)でしたが、今回はさらなる上位が達成されますよう市民の皆様のご声援をお願いします。

 全チームのメンバー表によりますと、今年の都道府県駅伝やニューイヤーズ駅伝、箱根駅伝等の選手の出場も予定されているそうです。

 なお、当日午前9時から、とちぎテレビで実況中継される予定です。

大会コース(郡市町)

≪する、観る、支える、私もスポーツ≫